通信速度の安定を気にするならどの格安スマホやSIMがおすすめ?

yuka160113284198_TP_V

格安スマホや格安SIMを利用するとどうしても通信速度を気にしてしまいがちです。格安スマホやSIMを提供するMVNOの多くが下り最大速度225Mbpsと記載しています。

しかし、MVNOの使用する通信回線は如何にdocomo系通信回線またはau系通信回線であれ、本家通信回線の通信速度を超えることは非常に難しいです。

そもそも、MVNOの利用する通信網はdocomoやauなどの通信電波を使用していものの、通信制御や回線管理を行うサーバーはMVNOが管理運営することになります。

サーバーというと非常に演算速度や情報保存領域が必要となり、簡単に設備投資できないこともあります。その場合、元々プロバイダー事業を行っているMVNOのサービスを利用すると通信速度が安定することがあります。

実際に、楽天モバイル、mineo(auプラン)、Y!mobileの通信回線を運用していますが、常時通信速度が安定しているのはY!mobileです。Y!mobileの場合、Softbankの通信回線を利用してり、他MVNOに比べ若干割高ですが通信速度は非常に安定しています。

格安スマホ選びに迷っているのであれば、格安スマホおすすめネットを見てみると良いです。

私自身、お昼時に通信速度の検証を何度か行いましたが、下り30Mbpsは安定しています。また、データ専用SIMでデータLプランで月額3,696円です。そして、データ通信をシェアするSIMカードが3枚まで無料追加できるのは非常にお得だと思います。

7GBのデータ通信を4回線でシェアできるのは非常にお得です。音声通信回線を利用するのであれば、他MVNOの格安プランやIP電話を利用するだけで大幅にコストダウンが可能です。